建具工事 | 大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社

携帯電話へのお問い合わせはこちらから

大阪の原状回復・リフォーム・様々な工事はビルドサポート株式会社へ

社長ブログ

大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社 > お客様の声 > 建具工事
ビルドサポートの新着情報

ビルドサポートの新着情報です。

ビルドサポートの施工事例

ビルドサポートの施工実例集です。

ピカロー社長ブログ

ピカロー社長ブログ

人気記事

新着施工実績

施工実績の人気記事

WEBお問い合わせ窓口

ビルドサポートの施工実例集

建具工事

2015-8-31

不二建物西長堀ビル4階原状回復工事/大阪市西区南堀江

大阪青年会議所(大阪JC)の先輩である、K先輩から4階のテナントさんの退去跡の間仕切解体工事と
原状回復工事のご依頼をいただきました。
1日目は、出入口の木製扉をカバー工法にて鉄扉に変更する建具工事を行いました。(両開き1ヶ所と片開き1ヶ所)
2日目は、隣室の境界と前室の間仕切壁として設置されていたアルミパーテーション・
黒板・天井にスポットライトを設置されていたダクトレール撤去などの解体撤去工事、
増設電源コンセント撤去などの電気工事、ダクトレール撤去跡の天井岩綿吸音板復旧工事、を同時進行で行いました。
3日目は、天井吹付塗装工事、カバー工法で変更した鉄扉の塗装工事、ブラインドボックス・窓廻り額縁の塗装工事を行いました。
4日目と5日目は、壁のクロス貼り工事、床のタイルカーペット貼り工事、ソフト巾木貼り工事、
既設の木製扉にダイノックシート貼り工事を行いました。
6日目は、縦型バーチカルブラインド・照明器具・エアコンフィルター・窓ガラス・サッシ・床カーペットの掃除機掛けなどの
美装工事にて、全工程完了いたしました。
工事完了検査では、K先輩の会社のみなさまがお越し下さり、見違えるようにキレイにしてくれて本当にありがとうございましたとの、
嬉しいお言葉もいただきました。
あとは、早くテナントさんの入居が決まることを祈るばかりです。


   
施工前の現況です。


   
施工前のカバー工法で鉄扉に変更する木製扉、既設の電源コンセント(露出モール)、既設天井ダクトレール、壁に穴が開いている現況、などの施工前です。


   
既設の木製扉取外し戸当たり撤去、カバー工法の枠取付、扉吊り込み調整、完了です。


   
アルミパーテーション・黒板の解体搬出作業中です。


 
天井ダクトレール撤去跡の岩綿吸音板めくり復旧作業中です。


   
養生・天井吹付塗装・鉄扉上塗り・カーテンボックス額縁塗装の作業中です。


 
壁クロス貼りと床タイルカーペット貼りの作業中です。


 
各所美装工事を行って全工程完了です。
2015-5-7

きららファミリークリニック リニューアル工事/堺市西区上

大阪青年会議所(大阪JC)で友人の吉良先生が独立開業するのに伴い、
お声をかけていただきまして、リニューアル工事をさせていただきました。
工事内容としましては、まず、看板サインの取替、既設受付の封鎖と新規受付のぶち抜きおよびカウンター設置、
既設分電盤の移設とぶち抜き、トイレのバリアフリー、全面天井その他各所の塗装、壁面クロス全貼替、床長尺シートとソフト巾木貼り、
既設カーテン撤去および新設と、盛りだくさんの内容でした。
5月2日の土曜日も午前中は開院して、連休明けの5月7日の木曜日には通常開院したいとのご要望があり、
かなりタイトで限られたスケジュールでの工事でしたが、協力業者さんとも相談し、すべての工事をその期間内では無理があるので、
できる範囲を限定しつつ少しづつ前倒ししながら、4月11日の土曜日の午後から着工して、
土曜日の午後からと日曜日と祝日だけでの工事という、居ながら、かつ、休日作業だけでの工程を設定してみました。
吉良先生はじめスタッフの皆様には何かとご迷惑もおかけしたかと思いますが、
吉良先生からは出来上がりにはスタッフ全員大変満足していますとのお言葉をかけて下さり、
こちらこそ、お客様に喜んでもらえるよう、誠心誠意、目配り気配り心配りの気持ちで取り組んできた事が報われたという、
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


まずは、看板サイン取替工事をいたしました。



施工前です。
(写真左から、掲示板あたりの壁をぶち抜いて、新規でカウンターを設置します。)
(既設受付廻りは封鎖します。)
(既設間仕切は解体撤去します。)
(トイレの段差を埋めてバリアフリー化し、小便器とブースも撤去し、待合室からトイレへの出入口の片開き戸を引き戸にします。)



間仕切開口部の仕舞、既設受付封鎖、床長尺シート貼り、長尺シート同士の溶接作業の作業風景です。



本工事で、一番大変だった、既設分電盤の移設作業です。分電盤全体を左側に移設できたので、この開口部が通路にできました。



トイレの段差解消バリアフリー工事、壁タイル面カチオンしごき、玄関出入口スロープの左官工事と、クロス工事のパテ作業です。



天井塗装とトイレの器具付け作業です。



リニューアル完了後の、玄関廻りと受付廻りです。
(玄関は上り框からスロープにしたので、車椅子の患者さんも楽に出入り可能です。)
(受付の真っ白なカウンターは、詳細な寸法なども何度か打合せと下見もした特注オーダーオリジナル品です。)




リニューアル完了後の、待合室廻りと診察室廊下です。
(待合室からトイレへのドアは、デッドスペースを無くすために、引き戸に替えてます。)
(右側手前が第1診察室、その奥が第2診察室としてカーテンで色分けいたしました。)

2012-11-24

小山工業株式会社様 | 小山ビル(中央区高麗橋)

11月19日(月)小山ビル様(中央区高麗橋)


小山工業株式会社様に当社の感想など伺いたく、
簡単なアンケートにお答えいただきました。

ご担当:清水取締役様





Q-1–まず最初に、工事を実施しようと思ったきっかけをお教えください。

–A-1
原状回復工事
・テナント入居状態での室内・共用部のリフレッシュ工事
・テナント退室による原状回復工事等を依頼しました。


Q-2–お客様が施工業者を選ぶポイントを教えていただけませんか?

–A-2
『ビルの工事の場合、一般家庭と異なる構造・設備があるため施工方法において
専門的な要素が含まれる。又、当社のようにテナントビルの場合、テナントに迷惑の
かからないタイミング・施工方法が必要であるが、その点良くやってくれたと思います。』


Q-3–なぜビルドサポートをお選びになったのですか?

–A-3
中村氏前職(企画ビルディング)から、工事発注をしていた。
その時の誠実な対応と知識によって、今日まで取引が続いています。


Q-4–ビルドサポートを選んで良かった点をお聞かせくださいませんか。
とくに、工事中の態度・取り組みはいかがでしたでしょうか?


–A-4
テナント入居状態での室内・共用部・リフレッシュ工事において
テナント担当者との工事日程の調整等、スムーズにしてくれたおかげで
無事終了することが出来た。

Q-5–改修工事・リフォーム・工事等行なっていかがですか?
感想を教えてください。


–A-5
迅速に予定通り工事を進めていただいたので、
ビルとしても、計画を立てて物事を進めることが出来ました。
工事内容にも満足しています。

Q-6–引渡し後の対応はいかがですか?

–A-6
一件、部材の品質の問題で製品不良クレームがあったが
メーカーとすぐに交渉していただき、解決することが出来ました。

Q-7–他にお気づきの点は?

–A-7
最初、無理かと考えていたテナント入居のままの床上げOAフロア工事を無事終了してくれて感謝しています。
これからも、ビルとして問題がいろいろあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Q-8–最後にビルドサポートに一言いただけますか?

–A-8
工事において中村氏自身が率先して業者に指示することは、もちろんであるが、
自分でも出来る範囲でその中に入って体を使う今のスタンスを、いつまでも忘れないようにしてほしい。

–お忙しい中お付き合い頂き、有難うございました。





–ビルドサポート 中村から
清水取締役さま、アンケートご回答ありがとうございます。
清水さんとは私が企画ビルディングの営業マンに転職して、
ビルの空室情報誌の営業の先輩に同行させていただいて、
ご挨拶させていただいたのがきっかけで、
その後しばらくして、テナントさんの原状回復工事とOAフロア工事の
見積り依頼でお声がけいただいて、金額的にもそれまで依頼されていた業者さんよりも、
結構安いし、品質的なことは、まだ頼んだことないからわからない所もあるけど、
一度、工事をしてもらえますかと、ご発注して下さってから、もう10年くらいお世話になっております。

それからは、何かあるたびにお電話くださるり、原状回復工事に限らず、
例えばビルの玄関前のアスファルト改修工事・ドアのフロアヒンジ取替え工事・
以前使っていた倉庫に保管していた、テナント用の入り口ドアを再利用しての間仕切り工事。
つい最近では、テナントさんが居ながらの室内塗装・OAフロア工事や廊下・エレベーターホールの
リニューアル工事でお世話になり、工事完了後には、テナント様、ビルオーナー様共々ご満足していただけて、
胸をなでおろした次第です。

これからもお役に立てることがあれば
いつでもお電話下さい。すぐに駆けつけます。




2015-8-31

不二建物西長堀ビル4階原状回復工事/大阪市西区南堀江

大阪青年会議所(大阪JC)の先輩である、K先輩から4階のテナントさんの退去跡の間仕切解体工事と
原状回復工事のご依頼をいただきました。
1日目は、出入口の木製扉をカバー工法にて鉄扉に変更する建具工事を行いました。(両開き1ヶ所と片開き1ヶ所)
2日目は、隣室の境界と前室の間仕切壁として設置されていたアルミパーテーション・
黒板・天井にスポットライトを設置されていたダクトレール撤去などの解体撤去工事、
増設電源コンセント撤去などの電気工事、ダクトレール撤去跡の天井岩綿吸音板復旧工事、を同時進行で行いました。
3日目は、天井吹付塗装工事、カバー工法で変更した鉄扉の塗装工事、ブラインドボックス・窓廻り額縁の塗装工事を行いました。
4日目と5日目は、壁のクロス貼り工事、床のタイルカーペット貼り工事、ソフト巾木貼り工事、
既設の木製扉にダイノックシート貼り工事を行いました。
6日目は、縦型バーチカルブラインド・照明器具・エアコンフィルター・窓ガラス・サッシ・床カーペットの掃除機掛けなどの
美装工事にて、全工程完了いたしました。
工事完了検査では、K先輩の会社のみなさまがお越し下さり、見違えるようにキレイにしてくれて本当にありがとうございましたとの、
嬉しいお言葉もいただきました。
あとは、早くテナントさんの入居が決まることを祈るばかりです。


   
施工前の現況です。


   
施工前のカバー工法で鉄扉に変更する木製扉、既設の電源コンセント(露出モール)、既設天井ダクトレール、壁に穴が開いている現況、などの施工前です。


   
既設の木製扉取外し戸当たり撤去、カバー工法の枠取付、扉吊り込み調整、完了です。


   
アルミパーテーション・黒板の解体搬出作業中です。


 
天井ダクトレール撤去跡の岩綿吸音板めくり復旧作業中です。


   
養生・天井吹付塗装・鉄扉上塗り・カーテンボックス額縁塗装の作業中です。


 
壁クロス貼りと床タイルカーペット貼りの作業中です。


 
各所美装工事を行って全工程完了です。
2015-5-7

きららファミリークリニック リニューアル工事/堺市西区上

大阪青年会議所(大阪JC)で友人の吉良先生が独立開業するのに伴い、
お声をかけていただきまして、リニューアル工事をさせていただきました。
工事内容としましては、まず、看板サインの取替、既設受付の封鎖と新規受付のぶち抜きおよびカウンター設置、
既設分電盤の移設とぶち抜き、トイレのバリアフリー、全面天井その他各所の塗装、壁面クロス全貼替、床長尺シートとソフト巾木貼り、
既設カーテン撤去および新設と、盛りだくさんの内容でした。
5月2日の土曜日も午前中は開院して、連休明けの5月7日の木曜日には通常開院したいとのご要望があり、
かなりタイトで限られたスケジュールでの工事でしたが、協力業者さんとも相談し、すべての工事をその期間内では無理があるので、
できる範囲を限定しつつ少しづつ前倒ししながら、4月11日の土曜日の午後から着工して、
土曜日の午後からと日曜日と祝日だけでの工事という、居ながら、かつ、休日作業だけでの工程を設定してみました。
吉良先生はじめスタッフの皆様には何かとご迷惑もおかけしたかと思いますが、
吉良先生からは出来上がりにはスタッフ全員大変満足していますとのお言葉をかけて下さり、
こちらこそ、お客様に喜んでもらえるよう、誠心誠意、目配り気配り心配りの気持ちで取り組んできた事が報われたという、
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


まずは、看板サイン取替工事をいたしました。



施工前です。
(写真左から、掲示板あたりの壁をぶち抜いて、新規でカウンターを設置します。)
(既設受付廻りは封鎖します。)
(既設間仕切は解体撤去します。)
(トイレの段差を埋めてバリアフリー化し、小便器とブースも撤去し、待合室からトイレへの出入口の片開き戸を引き戸にします。)



間仕切開口部の仕舞、既設受付封鎖、床長尺シート貼り、長尺シート同士の溶接作業の作業風景です。



本工事で、一番大変だった、既設分電盤の移設作業です。分電盤全体を左側に移設できたので、この開口部が通路にできました。



トイレの段差解消バリアフリー工事、壁タイル面カチオンしごき、玄関出入口スロープの左官工事と、クロス工事のパテ作業です。



天井塗装とトイレの器具付け作業です。



リニューアル完了後の、玄関廻りと受付廻りです。
(玄関は上り框からスロープにしたので、車椅子の患者さんも楽に出入り可能です。)
(受付の真っ白なカウンターは、詳細な寸法なども何度か打合せと下見もした特注オーダーオリジナル品です。)




リニューアル完了後の、待合室廻りと診察室廊下です。
(待合室からトイレへのドアは、デッドスペースを無くすために、引き戸に替えてます。)
(右側手前が第1診察室、その奥が第2診察室としてカーテンで色分けいたしました。)

2012-11-24

小山工業株式会社様 | 小山ビル(中央区高麗橋)

11月19日(月)小山ビル様(中央区高麗橋)


小山工業株式会社様に当社の感想など伺いたく、
簡単なアンケートにお答えいただきました。

ご担当:清水取締役様





Q-1–まず最初に、工事を実施しようと思ったきっかけをお教えください。

–A-1
原状回復工事
・テナント入居状態での室内・共用部のリフレッシュ工事
・テナント退室による原状回復工事等を依頼しました。


Q-2–お客様が施工業者を選ぶポイントを教えていただけませんか?

–A-2
『ビルの工事の場合、一般家庭と異なる構造・設備があるため施工方法において
専門的な要素が含まれる。又、当社のようにテナントビルの場合、テナントに迷惑の
かからないタイミング・施工方法が必要であるが、その点良くやってくれたと思います。』


Q-3–なぜビルドサポートをお選びになったのですか?

–A-3
中村氏前職(企画ビルディング)から、工事発注をしていた。
その時の誠実な対応と知識によって、今日まで取引が続いています。


Q-4–ビルドサポートを選んで良かった点をお聞かせくださいませんか。
とくに、工事中の態度・取り組みはいかがでしたでしょうか?


–A-4
テナント入居状態での室内・共用部・リフレッシュ工事において
テナント担当者との工事日程の調整等、スムーズにしてくれたおかげで
無事終了することが出来た。

Q-5–改修工事・リフォーム・工事等行なっていかがですか?
感想を教えてください。


–A-5
迅速に予定通り工事を進めていただいたので、
ビルとしても、計画を立てて物事を進めることが出来ました。
工事内容にも満足しています。

Q-6–引渡し後の対応はいかがですか?

–A-6
一件、部材の品質の問題で製品不良クレームがあったが
メーカーとすぐに交渉していただき、解決することが出来ました。

Q-7–他にお気づきの点は?

–A-7
最初、無理かと考えていたテナント入居のままの床上げOAフロア工事を無事終了してくれて感謝しています。
これからも、ビルとして問題がいろいろあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Q-8–最後にビルドサポートに一言いただけますか?

–A-8
工事において中村氏自身が率先して業者に指示することは、もちろんであるが、
自分でも出来る範囲でその中に入って体を使う今のスタンスを、いつまでも忘れないようにしてほしい。

–お忙しい中お付き合い頂き、有難うございました。





–ビルドサポート 中村から
清水取締役さま、アンケートご回答ありがとうございます。
清水さんとは私が企画ビルディングの営業マンに転職して、
ビルの空室情報誌の営業の先輩に同行させていただいて、
ご挨拶させていただいたのがきっかけで、
その後しばらくして、テナントさんの原状回復工事とOAフロア工事の
見積り依頼でお声がけいただいて、金額的にもそれまで依頼されていた業者さんよりも、
結構安いし、品質的なことは、まだ頼んだことないからわからない所もあるけど、
一度、工事をしてもらえますかと、ご発注して下さってから、もう10年くらいお世話になっております。

それからは、何かあるたびにお電話くださるり、原状回復工事に限らず、
例えばビルの玄関前のアスファルト改修工事・ドアのフロアヒンジ取替え工事・
以前使っていた倉庫に保管していた、テナント用の入り口ドアを再利用しての間仕切り工事。
つい最近では、テナントさんが居ながらの室内塗装・OAフロア工事や廊下・エレベーターホールの
リニューアル工事でお世話になり、工事完了後には、テナント様、ビルオーナー様共々ご満足していただけて、
胸をなでおろした次第です。

これからもお役に立てることがあれば
いつでもお電話下さい。すぐに駆けつけます。




頭も仕事もキラリと輝く、ビルドサポートです。

頭も仕事もキラリと輝く、ビルドサポートにお任せください!

信頼・共有・安心の3つの項目を厳守し、
お客様の大切な建物の工事を円滑に、オーナー様・テナント様へ
よりよきサービスをビルドサポートは約束します。


pagetop
フッタートップ