ピカロー社長(中村一郎)のブログ | 大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社

携帯電話へのお問い合わせはこちらから

大阪の原状回復・リフォーム・様々な工事はビルドサポート株式会社へ

社長ブログ

大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社 > ピカロー社長(中村一郎)のブログ
ビルドサポートの新着情報

ビルドサポートの新着情報です。

ビルドサポートの施工事例

ビルドサポートの施工実例集です。

ピカロー社長ブログ

ピカロー社長ブログ

人気記事

新着施工実績

施工実績の人気記事

WEBお問い合わせ窓口

社長ブログ

2022-2-8

IPM株式会社様 屋外階段取替工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所でご一緒していた頃から友人の池谷社長から、屋外階段取替工事のご発注をいただきました。
池谷社長曰く、ざっと50~60年は経って老朽化してるし、屋上の踊り場あたりからの漏水があって、2階の事務所室内に伝わってきているので、この際、全部取り替えたいとのことでした。
そこで、弊社としましては、今後も錆びにくくて長持ちすることなども考慮して、溶融亜鉛メッキ(通称・どぶ漬けメッキ)加工した鉄骨鋼材を使用することをご提案し採用しました。
高所作業、レッカー作業、溶接作業などの危険作業ばかりでしたが、協力業者の職人さんたちのお陰で、無事お引渡し完了できました。
(漏水も今のところ無いとのことでホッとしております。)
池谷社長はじめ従業員のみなさまにも、ご好評をいただけて嬉しい限りです。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


  
施工前の状況です。


  
足場組の施工状況です。


       
まず、アルミサッシ・ガラスの養生(溶接火花で焼け付くのを防止)をして、既設階段の解体撤去工事の施工状況です。


    
どぶ漬けした新設階段の設置状況です。


   
2階事務所の天井内の既設鉄骨から新設階段に向けて補強用の新設鉄骨を溶接している作業状況です。


        
既設の踊り場の解体ハツリ撤去および下地組・床板・手すり新設作業状況です。


   
階段足元の型枠モルタル埋め、乾燥養生後にアンカー打ちネコアングル溶接作業状況です。


    
カラー鋼板にて外壁修繕の板金工事状況です。


     
階段・廊下などの各所の施工中の状況です。


  


遮熱波板貼りの施工状況です。


      
工事完了の全景と、サービス工事(看板が強風でかなり揺れるとのことで門扉の柱から鉄骨溶接補強したあとのローバル塗装)状況です。


関係者のみなさま、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

#工場改修工事,#屋外階段取替工事,,#解体撤去工事#鉄骨工事,#板金工事,#足場工事,#溶融亜鉛メッキ加工,#どぶ漬けメッキ加工,#遮熱波板,#カラー鋼板,#溶接作業,#高所作業,#レッカー作業,#ローバル塗装

2021-11-2

花喜久東倉庫 外壁改修工事/大阪市生野区田島

大阪青年会議所(通称:大阪JC)時代、ご一緒させていただいてました、南堀江でGIOIA(ジョイア)さんというお洒落なお花屋さんをされておられる、
間嶋社長から、ご所有の倉庫で、経年劣化もあって若干漏水もしているとのことでご相談いただき、下見でお邪魔すると、
やはりつなぎ目の目地シーリングがかなり痩せてしまっていて、ひび割れクラックも大小かなりあるのが視認でき、間嶋社長にもご確認してもらい、
見積提出後ご発注いただきました。
こちらの倉庫は、鉄骨造で外壁にALCと呼ばれるパネルを使用しており、耐久性・耐火性・断熱性・遮音性など高いというメリットがありますが、
吸水性の高い素材のため対候性が低い、パネル同士のつなぎ目が多くなり雨漏りリスクが高くなってしまうといった、デメリットがあります。
そこで今回は、先ずは、外壁のALCのつなぎ目の目地シーリングがかなり割れているので、太めに増し打ちして、その上にフィーラー下塗り、
トップコート2度塗りをして、塗膜を形成することで、外部から雨水の浸入をさせないようにいたしました。
協力会社の皆様のおかげで、当初予想した工程よりも約3週間早く足場の解体ができて、お施主様の間嶋社長、管理会社さん、弊社の立会いのもと、
完了検査も無事終わり、出入口ドアの鍵も交換し、お引き渡しできました。
お施主様に喜んでいただけたのが、何より嬉しい限りです。
関係者のみなさま、お疲れ様でした。
ありがとうございました。


   
足場組立状況です。


  
ALCのつなぎ目の目地に、ウレタンシーリングの施工状況です。


   
外壁のALCに給気口や空調配管の貫通部には、念には念を入れて樹脂カバーを設置しました。
(全部で15箇所程度ありましたが、私自身でコーナンプロで購入した樹脂カバーを取り付けたのでサービス工事といたしました。)



サッシ窓の面台部のみ、既設のシールを撤去後、アンバー色のシリコンシーリング施工状況です。


      
各所鉄部のケレン清掃、サビ止め塗装、外壁高圧洗浄、下塗り(日本ペイントさんのパーフェクトシーラー)、
上塗り1回目・2回目(日本ペイントさんのパーフェクトトップ)の施工状況です。


 
チョーキング現象により、サッシ窓廻りが白っぽく汚れてきていたので、美装職人さんに綺麗に洗ってもらいました。


    
足場解体状況です。


 
工事完了全景です。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

2021-2-17

IPM株式会社様 屋根漏水修繕改修工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所の所属時代にご一緒していた、池谷社長からお電話があり、
まとまった雨が降ると漏水した水が1階の工場の柱を伝って床が濡れてしまうのを何とかしたいとのご相談でした。
建物自体もかなり古いので半分諦めてたけど、直るものなら直したいとのことで、まず現地調査で伺うと、
屋根の勾配自体が、建物側に向かってきている谷樋になっていて、地震の影響もあるかもですが、
建物内部の樋の配管が割れていたり、外れてしまっていたり、どこで漏水しているかが全然わからないので、
いっそのことこの谷樋に流すのではなく、嵩上げした屋根を逆に勾配をつけてこの谷樋は封鎖し、雨水自体を別のルートに流すことを提案いたしました。
工事完了した後は、全然漏水していないので、従業員のみなさんも、水かきとかしないでよくなって、
ほんまに喜んでますとのお言葉もいただいて、施工業者の弊社としましても、胸を撫で下ろしております。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


 
工場のこの白い柱を伝って、漏水していました。フィルムで受けて、バケツや桶で貯めていたそうです。当然時間が経つとバカツ溢れますし、
別のところからも伝って漏水しているので、床が濡れたままだったそうです。


       
施工前の状況です。
既設の屋根の頂点部分にある水上側の室外機のあたりから、水下側に仕込んでいる谷樋に流れるように、しかも建物の内部に樋の配管を通すようにしていて、
建物を増改築する関係である程度仕方なかったのかもしれないですが、水仕舞的には、あまり良くない納まりでした。
お施主様の池谷社長にも事前に了解を得て、漏水の原因と思われる谷樋がある周囲の波板の壁を一度めくらせてもらって、
内部がどうなっているかの調査をさせていただきました。
やはり増改築時に応急措置的な工事をされておられたような形跡があり、
この谷樋や壁の奥にある配管の行先は図面も無いとのことで、わからずじまいでした。
結論として、この谷樋に水を流すことをやめることにして、一旦波板を復旧いたしました。


 
屋根工事の前に、既設の屋根の上に新しい屋根を葺くので、干渉するエアコンの室外機の移設工事を行いました。


                  
レッカー車にて資材の荷揚げ、間配り、コンパネ垂木下地組、ルーフィング葺き、新設カラー鋼板谷樋、新設屋根立平葺き、の施工状況です。


     
最後に樋工事が終わって、無事全工程の工事完了いたしました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


2021-2-11

西日本がん研究機構様/レイアウト変更に伴うローパーテーション設置およびLAN配線工事

いつもお世話になっている、ナンバプラザビルの上原社長からご紹介いただき、
事務員さんの配置替えを検討していて、それに伴って机のレイアウトの変更をするとのことで、
ローパーテーションの設置とLAN配線の工事をご発注いただきました。
近頃、猛威を振るっている、コロナ対策にもなったので、事務員さんたちも大いに喜んでいるとのことで、
弊社としましても嬉しいお言葉をいただけて誠に光栄です。
ありがとうございました。


   
施工前の状況です。


    
まず最初に、既設のロッカーや机を分解して移動するための準備と、床下のOAフロアの中にLANケーブルの敷設工事、電源のOAタップを増設する電気工事と、
お互いなるべく交錯しないようにしながら同時に進行いたしました。


         
新設するローパーテーションの部材も搬入して、ロッカーや机などのレイアウトが固まったところから順次組み立てていきました。


      
施工完了のレイアウト写真です。 各協力業者のみなさんのご協力のもと、無事完了できました。ありがとうございました。
事務局長の中村先生には、本当に何かとお世話になりました。ありがとうございました。



2020-10-18

ナンバプラザビル 和式トイレ洋式化リニューアル工事・流し台入替工事/大阪市浪速区元町

ビルオーナー様から、既設の和式のトイレを洋式にしたいので、現地調査してもらって見積して下さいとのご依頼をいただきました。
男子トイレと女子トイレにそれぞれひとつづつ和式トイレと洋式トイレがあり、3階から10階までの8フロアのリニューアル工事で、
相見積3社でしたが、何とか弊社が受注できました。
一度に工事すると、テナントさんにもご迷惑をかけるので、
第1期工事として10階3階の2フロア、第2期工事として9階7階5階の3フロア、第3期工事として8階6階4階の3フロアに分けて、
土曜日と日曜日にて合計4週かけて、工事を進めていきました。
トイレのリニューアル工事が終わり次第、給湯室の流し台と吊戸棚の入替工事もご発注いただきました。

     
既設の和便器を斫って配管を仕込みます。その後、モルタルを流し込んで、乾燥養生します。


   
床の不陸調整のために、アースシールで平滑にならして、半分づつ接着剤塗布のあと長尺シートを押さえ敷き込み、
周囲シーリング・アルミへの字金物取付などをしていきます。


     
型紙をセットし、立上りの配管を仕込んで、洋便器・フラッシュバルブ・ウォシュレットと器具を取り付けて、完成です。


 
流し台と吊戸棚の入れ替え工事前です。


  
入替工事状況です。


これで、ご依頼いただきました、和式トイレ洋式化リニューアル工事と流し台入替工事がすべて完了いたしました。
テナントさんからも好評でみなさん綺麗になったので喜んでくれてますと、ビルオーナー様からも嬉しいお言葉をいただけました。
関係者のみなさま、土曜日と日曜日の工事が続いて、何かとご迷惑をおかけいたしましたが、何とかお引渡しできました。
ありがとうございました。


2020-10-4

小山ビル6階OAフロア拡張設置工事/大阪市中央区高麗橋

 いつもお世話になっているビルオーナー様から、現在入居中の6階のテナント様がレイアウトの変更に伴って、
部屋の南側を倉庫のように使用していたエリアに、机などを並べて事務エリアを拡張したいとのご相談があり、
  8年ほど前にしてもらったOAフロア(フリーアクセスフロアともいいます)の範囲を拡張する工事をして欲しいとのことで、
見積提出後ご発注いただきました。
 既設の更衣室はそのまま使用し、ドアが開く分だけスペースを空け、その手前には荷物などを台車でスムーズに運べるように
スロープを設置しました。
 タイルカーペットは、残念ながら当時の品番が廃盤となっており、現在のカタログで新たに選び直していただき、
ソフト巾木を貼って工事完了となりました。
 テナント様からは、前はロッカーやスチールラックなどで少しごちゃごちゃしていたのがウソみたいにスッキリ綺麗になりましたと
喜んでいただけたと、ビルオーナー様から嬉しいご報告をいただけました。
 関係者のみなさま、ありがとうございました。



施工前の状況です。

  
OAフロアを敷きこんでいき、タイルカーペット用の接着剤を塗布します。

     
次にタイルカーペットを貼っていき、更衣室の手前にはスロープを設置し(ちなみにこのスロープは既設のものを再利用です)、
最後にソフト巾木を貼って、これで工事完了です。

関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-9-2

済生会泉尾病院4階廊下移動間仕切設置工事/大阪市大正区北村

済生会泉尾病院の資材課のご担当者の方から、見積のご依頼があり、病院の規定で3社相見積でしたが、
スピード対応・金額面ともに、クリアしたとのことでご発注いただきました。
廊下の幅が約4メートル弱もあり、開放的なのは良いのですが、業務上、間仕切りたいときも多いとのことで、操作性やデザイン性も
考慮して、タチカワブラインドさんの移動間仕切『プレイス スウィング 折戸引戸』を提案させていただきました。
この製品の特長としましては、折戸と引戸の便利な機能が1つになっており、コンパクトに折りたためて開口を広く確保でき、
端のパネルは引戸として開閉できるため、出入りもスムーズなところです。
朝8時過ぎ頃から、まず、鉄骨下地の取付工事、それが終わり次第の10時半頃から移動間仕切の設置工事を開始し、
お昼の12時半頃には完了いたしました。
工事中は何かとご迷惑をおかけいたしましたが、工事完了の際には、看護師長さんたちの立ち合いの下、
取り扱いの注意などを説明させていただきました。
その後、実際に折りたたんだり、間仕切りしたり操作していただき、とても軽くてスムーズに動くし、
端のパネルがふすまのように引戸として出入り可能なのがとても使い勝手が良いとのことで喜んでいただけました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


 
施工前の全景です。


    
鉄骨下地取付工事の状況です。(天井の軽鉄下地の位置を探してマーキングし、そこに60角の角パイプを取付しました。)


        
移動間仕切設置工事の状況です。



病院関係者のみなさまに、取り扱いの説明をしている状況です。


 
工事完了の全景です。


関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-5-21

IPM株式会社様 稲荷社遷宮工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所でご一緒していた、IPM株式会社の池谷社長から会社の建屋の屋上にあるお稲荷さんを1階の植え込みのところに遷宮したいとの
ご相談をいただき、 正直、お稲荷さんの遷宮移設工事は、ゼネコンの現場監督時代も含めても経験がないので、
工事の進め方の段取り手順と業者さんを調べて、新しく新調するお稲荷さんの製作期間中に、 受け入れ準備として植え込みの整備工事を
先行工事として進めていきました。
その後、新しいお稲荷さんを設置し、屋上にあったお稲荷さんを撤去し、 会社の創立記念日に合わせて、神主さんにお越し願って、
会社のご発展と従業員の皆様のご健康のご祈念とお祓いの遷宮の式典を開催され、無事お引渡し完了となりました。


   
屋上のお稲荷さんと1階の植え込みの施工前の全景です。


            
屋上のお稲荷さんの撤去と1階の植え込みの撤去の施工中状況です。


   
新しく新調したお稲荷さんの設置状況と完了全景です。


    
会社創立記念および遷宮式典の状況です。
誠におめでとうございます。
弊社としましても、お役に立てれて光栄に存じます。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-3-23

大江ビルヂング屋上鉄扉修繕工事/大阪市北区西天満

弊社ホームページからお問合せいただき、屋上にあった木製扉がシロアリにやられたので、スチール製の扉にしたいとのことでした。
こちらの大江ビルヂングさん、何と大正10年竣工の、超レトロでカッコイイビルなんです。
わたしくも一応建築屋さんの端くれですので、見たことないようなモノや仕上げなどに、思わず声が出てしまうくらいでした。
作業工程は、床ブルーシート養生、枠溶接、扉吊込、モルタルトロ詰め、左官コテ押え、ウレタンシーリング、乾燥養生期間、各色塗装、
清掃片付けという工程で進めていきました。
お問合せいただいた、副社長さまに最終検査をしていただき、どこか気になるところとかございませんかとお聞きしましたが、
綺麗に仕上げてもらえて何も問題ありませんとのお言葉を頂戴いたしました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


   
施工前の状況です。ベニヤ板と木下地にて簡易養生仮囲いをされておられました。


    
熟練の建具職人さんが背中に乗せて運んでくれてます。慣れたもんですね。
ゼネコンの現場監督していた頃、これを初めて見たとき、重たい鉄扉はこうやって運ぶんやって感心したのを覚えております。
振動ドリルにてアンカー打ち、溶接作業、対角線の微調整、吊り込み完了の順です。



     
次は、左官屋さんがバラ板で仮枠を設置し、枠を軽く叩いたり細い棒を差し込んだりして、隅々に行きわたるのを確認しながら、モルタルを充填していきます。


  
次は、建具の枠と躯体との取り合い部分に、ウレタンシーリングを打っていきます。


   
次は、1週間の乾燥養生期間をおいて、鉄扉と壁面の色を現場で何度も近い色になるように調合しながら、各所の塗装です。


   
最後に、床のブルーシート養生をめくって、雑巾で何度も拭き掃除をして掃除機をかけて綺麗にしてお引渡し完了です。
この大理石の温度計、なぜか引き寄せられるように見入ってしまいまして、すごく味があってカッコイイなと思いながらよくみると、
たぶんおそらく大阪青年会議所でご一緒させていただいた、森下仁丹さんの森下社長さんとこの竣工祝いの室温計かと
推察いたしました。
これも大正10年のものかと思うと歴史ロマンを感じました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

2019-12-28

薫英女学院高校6号館トイレリニューアル工事/大阪府摂津市正雀

 大阪青年会議所でご一緒してました、薫英学園さんの関係者の方からお声掛け頂き、令和元年12月15日(日)から28日(土)の
約2週間での工程にて、トイレのリニューアル工事が無事完了いたしました。
 大まかな工程としましては、既設の和便器・洗面器・ブースなどの解体撤去 → 配管仕込み → 床カチオンセメント左官押さえ → 長尺シート貼り → カウンター設置 → ダイノック貼り → ブース建込 → 人感センサーダウンライト照明設置・電源コンセントモール設置 → 天井塗装 → 大型鏡・サイン取付 → 各所美装 といった工程でした。
薫英学園のご担当者の御尽力のおかげもあり、大きなトラブルも無く何とか無事お引渡しでき、とても綺麗に仕上がって生徒のみなさんからの評判も良くて職員一同満足しておりますとのお言葉も頂戴いたしました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。

   
各所施工前の写真です。


   
既設の和便器・ブースの撤去、排水配管の仕込み、壁面タイルブース埋設部カッター斫り撤去、床面斫り撤去部モルタル充填押さえ、の各施工状況です。


 
壁面タイル樹脂モルタル補修押さえ、床面カチオンセメント金コテ押さえの左官工事の施工状況です。


  
長尺シート貼り(東リ:NS消臭トワレ)、ジョイント部溶接、周囲シーリングの施工状況です。


  
カウンター設置・SK上部棚板取付の施工状況です。


   
レーザーポインターによる墨出しのあと、トイレブース(コマニー製)の組み立て建て込みの施工状況です。


   
カウンターにパテ埋め・ペーパー掛け・プライマー塗布・ダイノックフィルム貼りの施工状況です。


     
洗面器・洋便器などの給排水衛生設備の器具取付工事の施工状況です。


   
既設ミラーライト撤去・隣室分電盤からの配線・新設ミラーライト・換気扇・人感センサーダウンライト照明設置・電源コンセントモール設置などの電気工事です。


     
ステンレス金物取付・鏡搬入取付・周囲シーリングの施工状況です。


   
天井ボード配線穴跡パテ埋め補修・染み止めシーラー塗布・上塗り・ドアウレタン塗装の施工状況です。


   
サインプレート取付の施工状況です。


  
各所美装工事の施工状況です。


      
リニューアル工事完了の写真です。
年末の忙しい中、各協力業者のみなさんのおかげで、何とか無事にお引渡しすることができました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


2022-2-8

IPM株式会社様 屋外階段取替工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所でご一緒していた頃から友人の池谷社長から、屋外階段取替工事のご発注をいただきました。
池谷社長曰く、ざっと50~60年は経って老朽化してるし、屋上の踊り場あたりからの漏水があって、2階の事務所室内に伝わってきているので、この際、全部取り替えたいとのことでした。
そこで、弊社としましては、今後も錆びにくくて長持ちすることなども考慮して、溶融亜鉛メッキ(通称・どぶ漬けメッキ)加工した鉄骨鋼材を使用することをご提案し採用しました。
高所作業、レッカー作業、溶接作業などの危険作業ばかりでしたが、協力業者の職人さんたちのお陰で、無事お引渡し完了できました。
(漏水も今のところ無いとのことでホッとしております。)
池谷社長はじめ従業員のみなさまにも、ご好評をいただけて嬉しい限りです。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


  
施工前の状況です。


  
足場組の施工状況です。


       
まず、アルミサッシ・ガラスの養生(溶接火花で焼け付くのを防止)をして、既設階段の解体撤去工事の施工状況です。


    
どぶ漬けした新設階段の設置状況です。


   
2階事務所の天井内の既設鉄骨から新設階段に向けて補強用の新設鉄骨を溶接している作業状況です。


        
既設の踊り場の解体ハツリ撤去および下地組・床板・手すり新設作業状況です。


   
階段足元の型枠モルタル埋め、乾燥養生後にアンカー打ちネコアングル溶接作業状況です。


    
カラー鋼板にて外壁修繕の板金工事状況です。


     
階段・廊下などの各所の施工中の状況です。


  


遮熱波板貼りの施工状況です。


      
工事完了の全景と、サービス工事(看板が強風でかなり揺れるとのことで門扉の柱から鉄骨溶接補強したあとのローバル塗装)状況です。


関係者のみなさま、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

#工場改修工事,#屋外階段取替工事,,#解体撤去工事#鉄骨工事,#板金工事,#足場工事,#溶融亜鉛メッキ加工,#どぶ漬けメッキ加工,#遮熱波板,#カラー鋼板,#溶接作業,#高所作業,#レッカー作業,#ローバル塗装

2021-11-2

花喜久東倉庫 外壁改修工事/大阪市生野区田島

大阪青年会議所(通称:大阪JC)時代、ご一緒させていただいてました、南堀江でGIOIA(ジョイア)さんというお洒落なお花屋さんをされておられる、
間嶋社長から、ご所有の倉庫で、経年劣化もあって若干漏水もしているとのことでご相談いただき、下見でお邪魔すると、
やはりつなぎ目の目地シーリングがかなり痩せてしまっていて、ひび割れクラックも大小かなりあるのが視認でき、間嶋社長にもご確認してもらい、
見積提出後ご発注いただきました。
こちらの倉庫は、鉄骨造で外壁にALCと呼ばれるパネルを使用しており、耐久性・耐火性・断熱性・遮音性など高いというメリットがありますが、
吸水性の高い素材のため対候性が低い、パネル同士のつなぎ目が多くなり雨漏りリスクが高くなってしまうといった、デメリットがあります。
そこで今回は、先ずは、外壁のALCのつなぎ目の目地シーリングがかなり割れているので、太めに増し打ちして、その上にフィーラー下塗り、
トップコート2度塗りをして、塗膜を形成することで、外部から雨水の浸入をさせないようにいたしました。
協力会社の皆様のおかげで、当初予想した工程よりも約3週間早く足場の解体ができて、お施主様の間嶋社長、管理会社さん、弊社の立会いのもと、
完了検査も無事終わり、出入口ドアの鍵も交換し、お引き渡しできました。
お施主様に喜んでいただけたのが、何より嬉しい限りです。
関係者のみなさま、お疲れ様でした。
ありがとうございました。


   
足場組立状況です。


  
ALCのつなぎ目の目地に、ウレタンシーリングの施工状況です。


   
外壁のALCに給気口や空調配管の貫通部には、念には念を入れて樹脂カバーを設置しました。
(全部で15箇所程度ありましたが、私自身でコーナンプロで購入した樹脂カバーを取り付けたのでサービス工事といたしました。)



サッシ窓の面台部のみ、既設のシールを撤去後、アンバー色のシリコンシーリング施工状況です。


      
各所鉄部のケレン清掃、サビ止め塗装、外壁高圧洗浄、下塗り(日本ペイントさんのパーフェクトシーラー)、
上塗り1回目・2回目(日本ペイントさんのパーフェクトトップ)の施工状況です。


 
チョーキング現象により、サッシ窓廻りが白っぽく汚れてきていたので、美装職人さんに綺麗に洗ってもらいました。


    
足場解体状況です。


 
工事完了全景です。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

2021-2-17

IPM株式会社様 屋根漏水修繕改修工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所の所属時代にご一緒していた、池谷社長からお電話があり、
まとまった雨が降ると漏水した水が1階の工場の柱を伝って床が濡れてしまうのを何とかしたいとのご相談でした。
建物自体もかなり古いので半分諦めてたけど、直るものなら直したいとのことで、まず現地調査で伺うと、
屋根の勾配自体が、建物側に向かってきている谷樋になっていて、地震の影響もあるかもですが、
建物内部の樋の配管が割れていたり、外れてしまっていたり、どこで漏水しているかが全然わからないので、
いっそのことこの谷樋に流すのではなく、嵩上げした屋根を逆に勾配をつけてこの谷樋は封鎖し、雨水自体を別のルートに流すことを提案いたしました。
工事完了した後は、全然漏水していないので、従業員のみなさんも、水かきとかしないでよくなって、
ほんまに喜んでますとのお言葉もいただいて、施工業者の弊社としましても、胸を撫で下ろしております。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


 
工場のこの白い柱を伝って、漏水していました。フィルムで受けて、バケツや桶で貯めていたそうです。当然時間が経つとバカツ溢れますし、
別のところからも伝って漏水しているので、床が濡れたままだったそうです。


       
施工前の状況です。
既設の屋根の頂点部分にある水上側の室外機のあたりから、水下側に仕込んでいる谷樋に流れるように、しかも建物の内部に樋の配管を通すようにしていて、
建物を増改築する関係である程度仕方なかったのかもしれないですが、水仕舞的には、あまり良くない納まりでした。
お施主様の池谷社長にも事前に了解を得て、漏水の原因と思われる谷樋がある周囲の波板の壁を一度めくらせてもらって、
内部がどうなっているかの調査をさせていただきました。
やはり増改築時に応急措置的な工事をされておられたような形跡があり、
この谷樋や壁の奥にある配管の行先は図面も無いとのことで、わからずじまいでした。
結論として、この谷樋に水を流すことをやめることにして、一旦波板を復旧いたしました。


 
屋根工事の前に、既設の屋根の上に新しい屋根を葺くので、干渉するエアコンの室外機の移設工事を行いました。


                  
レッカー車にて資材の荷揚げ、間配り、コンパネ垂木下地組、ルーフィング葺き、新設カラー鋼板谷樋、新設屋根立平葺き、の施工状況です。


     
最後に樋工事が終わって、無事全工程の工事完了いたしました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


2021-2-11

西日本がん研究機構様/レイアウト変更に伴うローパーテーション設置およびLAN配線工事

いつもお世話になっている、ナンバプラザビルの上原社長からご紹介いただき、
事務員さんの配置替えを検討していて、それに伴って机のレイアウトの変更をするとのことで、
ローパーテーションの設置とLAN配線の工事をご発注いただきました。
近頃、猛威を振るっている、コロナ対策にもなったので、事務員さんたちも大いに喜んでいるとのことで、
弊社としましても嬉しいお言葉をいただけて誠に光栄です。
ありがとうございました。


   
施工前の状況です。


    
まず最初に、既設のロッカーや机を分解して移動するための準備と、床下のOAフロアの中にLANケーブルの敷設工事、電源のOAタップを増設する電気工事と、
お互いなるべく交錯しないようにしながら同時に進行いたしました。


         
新設するローパーテーションの部材も搬入して、ロッカーや机などのレイアウトが固まったところから順次組み立てていきました。


      
施工完了のレイアウト写真です。 各協力業者のみなさんのご協力のもと、無事完了できました。ありがとうございました。
事務局長の中村先生には、本当に何かとお世話になりました。ありがとうございました。



2020-10-18

ナンバプラザビル 和式トイレ洋式化リニューアル工事・流し台入替工事/大阪市浪速区元町

ビルオーナー様から、既設の和式のトイレを洋式にしたいので、現地調査してもらって見積して下さいとのご依頼をいただきました。
男子トイレと女子トイレにそれぞれひとつづつ和式トイレと洋式トイレがあり、3階から10階までの8フロアのリニューアル工事で、
相見積3社でしたが、何とか弊社が受注できました。
一度に工事すると、テナントさんにもご迷惑をかけるので、
第1期工事として10階3階の2フロア、第2期工事として9階7階5階の3フロア、第3期工事として8階6階4階の3フロアに分けて、
土曜日と日曜日にて合計4週かけて、工事を進めていきました。
トイレのリニューアル工事が終わり次第、給湯室の流し台と吊戸棚の入替工事もご発注いただきました。

     
既設の和便器を斫って配管を仕込みます。その後、モルタルを流し込んで、乾燥養生します。


   
床の不陸調整のために、アースシールで平滑にならして、半分づつ接着剤塗布のあと長尺シートを押さえ敷き込み、
周囲シーリング・アルミへの字金物取付などをしていきます。


     
型紙をセットし、立上りの配管を仕込んで、洋便器・フラッシュバルブ・ウォシュレットと器具を取り付けて、完成です。


 
流し台と吊戸棚の入れ替え工事前です。


  
入替工事状況です。


これで、ご依頼いただきました、和式トイレ洋式化リニューアル工事と流し台入替工事がすべて完了いたしました。
テナントさんからも好評でみなさん綺麗になったので喜んでくれてますと、ビルオーナー様からも嬉しいお言葉をいただけました。
関係者のみなさま、土曜日と日曜日の工事が続いて、何かとご迷惑をおかけいたしましたが、何とかお引渡しできました。
ありがとうございました。


2020-10-4

小山ビル6階OAフロア拡張設置工事/大阪市中央区高麗橋

 いつもお世話になっているビルオーナー様から、現在入居中の6階のテナント様がレイアウトの変更に伴って、
部屋の南側を倉庫のように使用していたエリアに、机などを並べて事務エリアを拡張したいとのご相談があり、
  8年ほど前にしてもらったOAフロア(フリーアクセスフロアともいいます)の範囲を拡張する工事をして欲しいとのことで、
見積提出後ご発注いただきました。
 既設の更衣室はそのまま使用し、ドアが開く分だけスペースを空け、その手前には荷物などを台車でスムーズに運べるように
スロープを設置しました。
 タイルカーペットは、残念ながら当時の品番が廃盤となっており、現在のカタログで新たに選び直していただき、
ソフト巾木を貼って工事完了となりました。
 テナント様からは、前はロッカーやスチールラックなどで少しごちゃごちゃしていたのがウソみたいにスッキリ綺麗になりましたと
喜んでいただけたと、ビルオーナー様から嬉しいご報告をいただけました。
 関係者のみなさま、ありがとうございました。



施工前の状況です。

  
OAフロアを敷きこんでいき、タイルカーペット用の接着剤を塗布します。

     
次にタイルカーペットを貼っていき、更衣室の手前にはスロープを設置し(ちなみにこのスロープは既設のものを再利用です)、
最後にソフト巾木を貼って、これで工事完了です。

関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-9-2

済生会泉尾病院4階廊下移動間仕切設置工事/大阪市大正区北村

済生会泉尾病院の資材課のご担当者の方から、見積のご依頼があり、病院の規定で3社相見積でしたが、
スピード対応・金額面ともに、クリアしたとのことでご発注いただきました。
廊下の幅が約4メートル弱もあり、開放的なのは良いのですが、業務上、間仕切りたいときも多いとのことで、操作性やデザイン性も
考慮して、タチカワブラインドさんの移動間仕切『プレイス スウィング 折戸引戸』を提案させていただきました。
この製品の特長としましては、折戸と引戸の便利な機能が1つになっており、コンパクトに折りたためて開口を広く確保でき、
端のパネルは引戸として開閉できるため、出入りもスムーズなところです。
朝8時過ぎ頃から、まず、鉄骨下地の取付工事、それが終わり次第の10時半頃から移動間仕切の設置工事を開始し、
お昼の12時半頃には完了いたしました。
工事中は何かとご迷惑をおかけいたしましたが、工事完了の際には、看護師長さんたちの立ち合いの下、
取り扱いの注意などを説明させていただきました。
その後、実際に折りたたんだり、間仕切りしたり操作していただき、とても軽くてスムーズに動くし、
端のパネルがふすまのように引戸として出入り可能なのがとても使い勝手が良いとのことで喜んでいただけました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


 
施工前の全景です。


    
鉄骨下地取付工事の状況です。(天井の軽鉄下地の位置を探してマーキングし、そこに60角の角パイプを取付しました。)


        
移動間仕切設置工事の状況です。



病院関係者のみなさまに、取り扱いの説明をしている状況です。


 
工事完了の全景です。


関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-5-21

IPM株式会社様 稲荷社遷宮工事/大阪市西成区南津守

大阪青年会議所でご一緒していた、IPM株式会社の池谷社長から会社の建屋の屋上にあるお稲荷さんを1階の植え込みのところに遷宮したいとの
ご相談をいただき、 正直、お稲荷さんの遷宮移設工事は、ゼネコンの現場監督時代も含めても経験がないので、
工事の進め方の段取り手順と業者さんを調べて、新しく新調するお稲荷さんの製作期間中に、 受け入れ準備として植え込みの整備工事を
先行工事として進めていきました。
その後、新しいお稲荷さんを設置し、屋上にあったお稲荷さんを撤去し、 会社の創立記念日に合わせて、神主さんにお越し願って、
会社のご発展と従業員の皆様のご健康のご祈念とお祓いの遷宮の式典を開催され、無事お引渡し完了となりました。


   
屋上のお稲荷さんと1階の植え込みの施工前の全景です。


            
屋上のお稲荷さんの撤去と1階の植え込みの撤去の施工中状況です。


   
新しく新調したお稲荷さんの設置状況と完了全景です。


    
会社創立記念および遷宮式典の状況です。
誠におめでとうございます。
弊社としましても、お役に立てれて光栄に存じます。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


2020-3-23

大江ビルヂング屋上鉄扉修繕工事/大阪市北区西天満

弊社ホームページからお問合せいただき、屋上にあった木製扉がシロアリにやられたので、スチール製の扉にしたいとのことでした。
こちらの大江ビルヂングさん、何と大正10年竣工の、超レトロでカッコイイビルなんです。
わたしくも一応建築屋さんの端くれですので、見たことないようなモノや仕上げなどに、思わず声が出てしまうくらいでした。
作業工程は、床ブルーシート養生、枠溶接、扉吊込、モルタルトロ詰め、左官コテ押え、ウレタンシーリング、乾燥養生期間、各色塗装、
清掃片付けという工程で進めていきました。
お問合せいただいた、副社長さまに最終検査をしていただき、どこか気になるところとかございませんかとお聞きしましたが、
綺麗に仕上げてもらえて何も問題ありませんとのお言葉を頂戴いたしました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


   
施工前の状況です。ベニヤ板と木下地にて簡易養生仮囲いをされておられました。


    
熟練の建具職人さんが背中に乗せて運んでくれてます。慣れたもんですね。
ゼネコンの現場監督していた頃、これを初めて見たとき、重たい鉄扉はこうやって運ぶんやって感心したのを覚えております。
振動ドリルにてアンカー打ち、溶接作業、対角線の微調整、吊り込み完了の順です。



     
次は、左官屋さんがバラ板で仮枠を設置し、枠を軽く叩いたり細い棒を差し込んだりして、隅々に行きわたるのを確認しながら、モルタルを充填していきます。


  
次は、建具の枠と躯体との取り合い部分に、ウレタンシーリングを打っていきます。


   
次は、1週間の乾燥養生期間をおいて、鉄扉と壁面の色を現場で何度も近い色になるように調合しながら、各所の塗装です。


   
最後に、床のブルーシート養生をめくって、雑巾で何度も拭き掃除をして掃除機をかけて綺麗にしてお引渡し完了です。
この大理石の温度計、なぜか引き寄せられるように見入ってしまいまして、すごく味があってカッコイイなと思いながらよくみると、
たぶんおそらく大阪青年会議所でご一緒させていただいた、森下仁丹さんの森下社長さんとこの竣工祝いの室温計かと
推察いたしました。
これも大正10年のものかと思うと歴史ロマンを感じました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

2019-12-28

薫英女学院高校6号館トイレリニューアル工事/大阪府摂津市正雀

 大阪青年会議所でご一緒してました、薫英学園さんの関係者の方からお声掛け頂き、令和元年12月15日(日)から28日(土)の
約2週間での工程にて、トイレのリニューアル工事が無事完了いたしました。
 大まかな工程としましては、既設の和便器・洗面器・ブースなどの解体撤去 → 配管仕込み → 床カチオンセメント左官押さえ → 長尺シート貼り → カウンター設置 → ダイノック貼り → ブース建込 → 人感センサーダウンライト照明設置・電源コンセントモール設置 → 天井塗装 → 大型鏡・サイン取付 → 各所美装 といった工程でした。
薫英学園のご担当者の御尽力のおかげもあり、大きなトラブルも無く何とか無事お引渡しでき、とても綺麗に仕上がって生徒のみなさんからの評判も良くて職員一同満足しておりますとのお言葉も頂戴いたしました。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。

   
各所施工前の写真です。


   
既設の和便器・ブースの撤去、排水配管の仕込み、壁面タイルブース埋設部カッター斫り撤去、床面斫り撤去部モルタル充填押さえ、の各施工状況です。


 
壁面タイル樹脂モルタル補修押さえ、床面カチオンセメント金コテ押さえの左官工事の施工状況です。


  
長尺シート貼り(東リ:NS消臭トワレ)、ジョイント部溶接、周囲シーリングの施工状況です。


  
カウンター設置・SK上部棚板取付の施工状況です。


   
レーザーポインターによる墨出しのあと、トイレブース(コマニー製)の組み立て建て込みの施工状況です。


   
カウンターにパテ埋め・ペーパー掛け・プライマー塗布・ダイノックフィルム貼りの施工状況です。


     
洗面器・洋便器などの給排水衛生設備の器具取付工事の施工状況です。


   
既設ミラーライト撤去・隣室分電盤からの配線・新設ミラーライト・換気扇・人感センサーダウンライト照明設置・電源コンセントモール設置などの電気工事です。


     
ステンレス金物取付・鏡搬入取付・周囲シーリングの施工状況です。


   
天井ボード配線穴跡パテ埋め補修・染み止めシーラー塗布・上塗り・ドアウレタン塗装の施工状況です。


   
サインプレート取付の施工状況です。


  
各所美装工事の施工状況です。


      
リニューアル工事完了の写真です。
年末の忙しい中、各協力業者のみなさんのおかげで、何とか無事にお引渡しすることができました。
関係者のみなさま、ありがとうございました。


頭も仕事もキラリと輝く、ビルドサポートです。

頭も仕事もキラリと輝く、ビルドサポートにお任せください!

信頼・共有・安心の3つの項目を厳守し、
お客様の大切な建物の工事を円滑に、オーナー様・テナント様へ
よりよきサービスをビルドサポートは約束します。


pagetop
フッタートップ