新大宮第2ビル 原状回復工事および遮音間仕切工事/奈良市大宮町 | 大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社

携帯電話へのお問い合わせはこちらから

大阪の原状回復・リフォーム・様々な工事はビルドサポート株式会社へ

新着情報

大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社 > 施工実例集 > 建築内外装工事全般 > その他工事 > 新大宮第2ビル 原状回復工事および遮音間仕切工事/奈良市大宮町
ビルドサポートの新着情報

ビルドサポートの新着情報です。

ビルドサポートの施工事例

ビルドサポートの施工実例集です。

新着施工実績

施工実績の人気記事

WEBお問い合わせ窓口

ビルドサポート新着情報

2015-4-27

新大宮第2ビル 原状回復工事および遮音間仕切工事/奈良市大宮町

新大宮第2ビルの4階のひとつのお部屋の原状回復工事をするのと同時に、
以前使っていて現在は使用していない空調用のダクトが通っている下がり天井の解体撤去工事と
間仕切遮音工事のご依頼をいただきました。
音とにおいの発生する工事は日曜日にてとの制約のある中、2週連続日曜日と月曜日の実働施工日数は3日要しました。

まず、初日の日曜日は、ダクトのある下がり天井の解体撤去と間仕切遮音工事でした。
普通なら、解体工事屋さんを手配するところだと思いますが、ひょっとすると、
空調や照明の電気配線やドレン配管などが格納されているかもしれないと想定し、
かつ、壁に電源コンセントも埋め込みで設置して欲しいとのご要望でしたので、
今回の下がり天井の解体撤去工事は、電気工事屋さんにお願いいたしました。
自画自賛で恐縮ですが、案の定、想定以上に配線や配管などが格納されており、
解体工事屋さんに頼んでいたらある程度はできても、二度手間三度手間を要する作業でした(汗)。
特に空調のドレン配管を迂回する作業は困難でしたが、すぐ近くのコーナンプロで材料の調達をして、
できうる限り、ふかし壁を薄くすることができました。
大工さんも同時施工でしたので、干渉しないところから下地取付や遮音シート貼りなどをしてもらって、ご協力していただきました。
本来は、翌週の日曜日も大工さんの施工の予定でしたが、少し残業してでも今日中に終わらせたいとのことで、
頑張っていただきました。(わたくしも次の日曜日、別件の工事があってこちらに来ずにすむので助かりました。)

施工2日目の日曜日は、塗装工事でした。
天井は元々キレイでもったいないので、それ以外の、壁面・ドア枠を塗装しました。

施工3日目の月曜日は、床のタイルカーペットのめくり貼り替えと、ソフト巾木のめくり貼り替えで無事完了お引渡しできました。
オーナー様からもキレイになりましたねとのお言葉を頂戴できました。
こちらこそありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。


施工前です。



下がり天井(ダクト)解体撤去中です。



胴縁下地+遮音シート+石膏ボードの作業中です。
既設のスチールパーテーションの天井ランナー材が仕上げ面より5ミリほど出ていたので、
それをクリアするのに胴縁を下地も兼ねて取り付けました。
次に遮音シートを貼り、石膏ボードを貼って、大工さんの工事は完了です。
隣の部屋とつながっている扉は握り玉錠を取外し、その穴は周りに両面テープで鉄板を貼りつけてフタをしました。



塗装作業中です。
新設のボード壁ですので、パテとペーパー掛けを2~3回づつしております。



最後は、既設のタイルカーペットをめくって、接着剤を塗布し、タイルカーペットとソフト巾木を貼って完了です。


pagetop
フッタートップ