南船場じゅんさんビル フロアヒンジ取替工事/大阪市中央区南船場 | 大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社

携帯電話へのお問い合わせはこちらから

大阪の原状回復・リフォーム・様々な工事はビルドサポート株式会社へ

社長ブログ

大阪の改修・改築・リフォームはビルドサポート株式会社 > 施工実例集 > 建築内外装工事全般 > その他工事 > 南船場じゅんさんビル フロアヒンジ取替工事/大阪市中央区南船場
ビルドサポートの新着情報

ビルドサポートの新着情報です。

ビルドサポートの施工事例

ビルドサポートの施工実例集です。

ピカロー社長ブログ

ピカロー社長ブログ

人気記事

新着施工実績

施工実績の人気記事

WEBお問い合わせ窓口

社長ブログ

2015-2-3

南船場じゅんさんビル フロアヒンジ取替工事/大阪市中央区南船場

ビルのエントランスのドアが閉まる時に、スピードが落ちなくてドーンと響き渡るくらい凄い衝撃音がするとのことで、
床下に埋設されている、フロアヒンジという金物の取替工事のご依頼をいただきました。
内部が錆びて油圧が効かなくなってしまっているので、ステンレスのフタにあるメーカーと品番の刻印で、
現在廃番品でしたが適合する後継品種を取り寄せてもらいました。
職人さんに聞くと、フロアヒンジは、だいたい15年前後くらいで壊れてしまうとのことです。
このようなエントランスのドアは、かなり重いので、2人がかりで取り外しました。
通常なら、ドアを一旦外してフロアヒンジのフタを開けて物を取り替えたら終わりなんですが、
若干、厚みが違ってて上手く納まらないので、溶接で設置してくれました。
一旦外したドアを吊り直してドアを開けて閉めてみると、ゆっくりジワジワと閉まってくれました。
あと少し微調整と開け閉めを何回か試してみて、無事完了できました。
本工事は、このビルに事務所がある、アールホームズの金原社長が、
ビルオーナー様にご紹介して下さったおかげで、ご発注いただきました。
金原社長、また何かお役に立てれることがございましたら、いつでもお声をお掛け下さい。ありがとうございました。


写真左から、施工前のフロアヒンジ、フタを外したあと(錆びが回ってますね)、一旦外したドア、フロアヒンジを外したあと、



写真左から、新しいフロアヒンジをセット、溶接作業全景、溶接作業近景、あと仕舞作業、



写真左から、2人がかりでドア復旧、外部側から、内部側から(90度ストッパー付き)、フロアヒンジ取替工事完了、
以上で、全工程作業完了です。


pagetop
フッタートップ